G-TOUR3とエレメントのハイブリッド 耐久性レポート

                           
ATPツアーファイナル開催中!
錦織選手の活躍をWOWOWで応援しましょう!

エレメントの柔らかさとG-TOUR3の引っ掛かりの相乗効果を期待して、ハイブリッドで張ってから約2ヶ月。

やはりこれくらい経過すると、ストリングの劣化を感じるようになってきます。

今回は縦糸として使用していたG-TOUR3の劣化が気になりました。

劣化を感じた詳細な内容と、G-TOUR3単品で張った時との違いについてまとめてみます。

テニスプレー回数

  • 練習12回(1回あたり2-3時間)
  • 試合2回(計ダブルス4試合)

8月中旬から使い始めたので、雨に結構降られました・・・

ポリはナチュラルやナイロン(シンセティック)と比べると雨に強いとされていますが、劣化は早まってしまいます。

そんな環境で約2ヶ月は使えたので、特別劣化が早いということはないと思います。

ストリングの状態

エレメント x G-TOUR3
エレメント x G-TOUR3

中心部分に若干よれが見られます。

縦ストリングのノッチングはほぼできておらず、G-TOUR3の耐久性の高さがわかります。

【GOSEN】G-TOUR3 耐久性レポート

2018.08.27

現在のテンションはどれくらい?

twitterでつながっている方から教えてもらったスマホアプリ、「Racquet Tune」を使って測ったテンションはこちら。

エレメント x G-TOUR3

 

縦45lb/横43lbで依頼したので結構緩んでいそうですね・・

張ってからしばらく経ってこのアプリを知ったので、正確な劣化っぷりが良くわかりませんね。

今後は週単位でテンションの記録をつけて、劣化具合が数値として把握できるようにしてきたいと思います。

劣化を感じた点

サービスとストロークで回転の掛かりがかなり悪くなってきました。

張ってからしばらくの間は細ゲージストリングならではのシャープな打球感で回転量もイメージ通りだったのですが、2ヶ月が経過するとシャープさがなくなり回転量が減少しているように感じます。

縦糸の活きが悪くなってスナップバックのバック?が弱まってしまっている印象。

引っ掛かりが悪い分、モヤっとした打球感になってしまっています。

サービスに関しては反発力の低下も気になりました。

武器であるスライスサービスの走りがイマイチになってきて、相手が簡単にリターンできてしまっています。

もう一歩外に追い出すことができないと、リターンから攻められてしまいます。(右利きが相手の場合フォアに甘いボールが入ることになるので)

スピンサービスの跳ねっぷりも悪くなってきて、サービスゲームで思うようなプレーができなくなってきたので、ここはストリングの劣化のせいにしておきたいと思います。

G-TOUR3単品と劣化具合の比較

今回は横ストリングに「エレメント」を張っていてるので、「G-TOUR3」と「エレメント」の比較になります。

エレメントの方がテンション維持性能は高いと思います。

G-TOUR3単品では1.5ヶ月もしない内に打球感が悪くなって張り替えたので、それに比べると打球感が維持されている期間が長めでした。

まとめ

G-TOUR3 x エレメント ハイブリッド、張りたては、

  • マイルドな打球感
  • ボールへの強い引っ掛かり
  • 適度な反発力

でかなり好感触でした。

【ハイブリッドインプレ】G-TOUR3とエレメントを組み合わせてみた

2018.08.29

ここまで述べてきた通り、2ヶ月ほどで劣化を強く感じるようになりましたが、2ヶ月もてばポリエステルストリングとしては上々だと思います。

そういうわけで耐久性も良いという評価です。

ハイブリッドを検討している方の参考となれば幸いです。

管理人評価
評価日
評価対象
エレメント&G-TOUR3 ハイブリッド耐久性
評価
41star1star1star1stargray
ストリング選びのヒント
私がこれまでに使用してきたたくさんのストリングから、「ソフト感」「反発性」「耐久性」「テンション維持性」を指標にグラフを混じえて比較をしました。

皆さんのストリング選びの一助になれば幸いです。
張り替え工賃比較
ストリングの張り替え工賃ってショップによって結構差があるということをご存知でしょうか?

少しでもお得に張り替えたいという方に向け、メジャーなスポーツショップの工賃や特典についてまとめてみました。

これから張り替え予定の方は張り替え前にちょっと覗いてみて下さい。

関連記事はこちら