【Tecnifibre】PRO RED CODE (レッドコード) WAX インプレ

                           

前回張った「RPMブラストラフ」は、打球感やスピン量は満足でしたが、切れるのが早いところだけ残念なポイントでした。

ゲージを太くすれば耐久性は上がると思いますが、打球感が損なわれそうなので、別のストリングを試してみることに。

で、今回挑戦したのが「【Tecnifibre】PRO RED CODE WAX」です。

実際にガッツリ打って感触を味わってきたので、その感想とレッドコードワックスを選んだ理由をまとめていきたいと思います。


レッドコードワックスってどんなストリング?

選んだ理由を述べる前に、ストリングの特徴をご紹介します。

このストリングは名前にもある通り、「WAX(ワックス)」がストリングの内部にまで浸透されています。

ワックス効果でストリングの滑りが良くなり、

  • スナップバック効果による、スピン量のアップ
  • 潤滑効果による耐久性の向上

という特徴があります。

特に「耐久性」の部分に魅力を感じ、今回挑戦してみることにしました。

仕上がりとテンション

レッドコードワックス
レッドコードワックス
レッドコードワックス

ストリングを指で動かしてみましたが、正直他のストリングと大きな差は感じられませんでした・・

打てば違いが分かるはず!

52ポンドで注文しましたが、アプリでの測定値は43ポンドとなりました。

テンション維持率も気になるポイントです。

ストローク

ボールを噛むというよりは、マイルドに包み込むような感触を味わうことができました。

ストリングの潤滑が良いせいか、割と厚めに当てているのにも関わらず、ストリングに引っかかっている「チェリッ」という音を奏でていました。

回転はしっかりとかかってくれて、期待通りでした。

球離れが早くないのでコントロールもしやすく、ストロークに関しては特に不満なく「打ちやすい!」と感じるストリングでした。

ボレー

ちょっと打球感は重めなものの、アンダースピンをかけた弾まないボールはイメージ通りに打てたと思います。

ブロック系の厚く当てたボレーでも、暴発することなくコントローラブル。

が、タッチ系ショット、特に前へ落とすショットがちょっと合いませんでした。

ストロークの時に感じた球持ちの良さが、タッチ系ショットでは「思ったより飛ばない」感じになってしまい、ミスが多くなってしまいました。

慣れるのに少し時間がかかりそうです。

サービス

スライスの曲がり具合、スピンの跳ね具合、共に理想通り。

サービスでは「球持ちの良さ」が良い方向に働きコントロール良く打つことができました。

弾くタイプのストリングではないので、初速はそれほどでもない印象でした。

しっかりと回転をかけてバウンド後に伸びるサービスを打つのに向いていると感じます。

まとめ

以上、レッドコードワックスのレビューでした。

  • マイルドな打球感
  • 球持ちが良い
  • しっかり回転がかかる

が私が強く感じた特徴です。

気になる耐久性もなかなか良さそう。

redcodewax
redcodewax

2時間ガッツリシングルスのマッチ練を行った後のストリングの状態です。

テンション維持性と耐久性については改めて評価したいと思います。

最安値の確認はこちら

管理人評価
評価日
評価対象
【Tecnifibre】PRO RED CODE WAX
評価
41star1star1star1stargray
ストリング選びのヒント
私がこれまでに使用してきたたくさんのストリングから、「ソフト感」「反発性」「耐久性」「テンション維持性」を指標にグラフを混じえて比較をしました。

皆さんのストリング選びの一助になれば幸いです。
張り替え工賃比較
ストリングの張り替え工賃ってショップによって結構差があるということをご存知でしょうか?

少しでもお得に張り替えたいという方に向け、メジャーなスポーツショップの工賃や特典についてまとめてみました。

これから張り替え予定の方は張り替え前にちょっと覗いてみて下さい。

関連記事はこちら

人気カテゴリー