【スプリットステップ】踏む位置を変えたら見える景色が大きく変化した話

                           
ATPツアーファイナル開催中!
錦織選手の活躍をWOWOWで応援しましょう!

サーブ&ボレー マスター期間としてチャレンジを継続しています。

前回の試合練習でボコボコにされた相手とまた試合練習をすることができたので、練習後に立てた以下の課題を意識して挑んで参りました。(この記事の2試合目の相手)

  • より鋭角に入れるサービス
  • 1stボレーまでのステップを再確認

試合をしていく中でふとした出来事から表題の「スプリットステップ」の位置を変えることで、相手がリターンを打つ景色が大きく変わり1stボレーの難易度に変化が生まれたので、状況を記事にしたいと思います。

鋭角なコースを突くというサービスの課題

まずはこの課題。

鋭角なコース狙いは難しいです、本当に・・・

コースを突くという邪念?が入ると腕のフリが鈍るような感覚があり、ボールの走りがいまいちに・・・

結果相手を崩すようなサービスは打てず、厳しい1stボレーをさせられる状況を打破することはできませんでした。

また、鋭角を狙うとネットにかかるケースも目立ちました。たぶん脳内イメージが現実と合っていないんでしょうね。

改善が必要そうです。

1stボレーまでのステップを再確認するという課題

前回の練習、1試合目は割と確率良く返球できた1stボレーが2試合目は全く通用せず、どうしてか考えた結果、「リターンのタイミングの早さ」の違いが主たる原因だと結論づけ、「スプリットステップを早めに踏む」という案を検討しました。

検討はしたものの、具体的な早め方まで検討できておらず「タイミングを早めたいけどどうすればいいだろう?」状態で、うまく機能せず・・・

が、

幸運にも(?)タイミングを早めるヒントを掴むある出来事が起こりました。

  • 状況はこんな感じ
テニスオタク
管理人

(セカンド)サーブが割りと鋭角に入った
よし、前へ行くぞ

2歩くらい前へ

テニスオタク
管理人

いや、待て、コース読まれてたか?しっかり反応しているぞ。
前へ詰めていってもまたやられる。
一旦ストップだ。

私のポジションはベースラインとサービスラインの間、いわゆるデッドゾーン。鋭いリターンがサービスラインより少し深い位置に

テニスオタク
管理人

おっ!これなら簡単なハーフボレーで返せるぞ

一歩踏み込みながら、オープンコートにハーフボレー(たまたまサイドライン際のナイスボレー)

テニスオタク
管理人

やばい、ナイスボレー、俺

ロブが返ってきてスマッシュでポイント

デッドゾーンで一時停止(スプリットステップ)したことが早いタイミングリターン対策?と気づいた瞬間でした。

いわゆるデッドゾーンでのスプリットステップが良い?

サービスラインとベースラインの間は一般的にデッドゾーンと呼ばれ、昔コーチに「立っていていてはいけない場所」という風に教わった場所です。

デッドゾーン

無意識の内にこの場所にいてはいけない、ここから出なくては!と前へ前へ急いでしまっていたのかもしれませんw

サンプラスの画像で検証

サンプラス

こちらの画像はテニス365のこちらの記事から引用しています

サンプラスの画像でも一目瞭然ですね。思いっきりデッドゾーンでステップしています。

1stボレーをサービスライン付近でしている印象が強く、スプリットステップもサービスライン付近なのかと思い込んでいました。

  • サービスを打って前へ詰めてからスプリットステップしてボレー

ではなく、

  • サービスを打ったらすぐスプリットステップをして前へ詰めながらボレー

という風にイメージを修正しようと思います。

初心者の頃に習ったデッドゾーンにいるな!という教えは、ストロークを打つ際、「デッドゾーンで止まらず一回しっかり下がって踏み込んで打て」ということだったんだと思います。たぶん。

デッドゾーンでスプリットステップを踏むと見える景色

この位置でステップをすると、相手がリターンする風景がはっきりと見えます。
なので、ボールがどっちに来そうかなんとなく「予想」をすることができます

前へ詰めてからステップをすると、相手がリターンをする直前なので、どっちに飛んで来るか相手を見て予想することができません。

また、サービスライン付近に沈んで来る難しいボールに対してなんとか処理できることもデッドゾーンでステップを踏む効果かと思います。

リターンが遅ければより前へ詰めれば良いので、デッドゾーンでスプリットステップを踏むことのデメリットは今の所見当たりません。

まとめ

もしかするとサーブ&ボレーの基本中の基本だった項目かもしれませんが、今の私にとっては大きな「発見」でした。

サーブ&ボレー、まだ伸びしろがありそうなので、引き続き挑戦していこうと思います。

ちなみに、この日の試合スコアは、2-6,4-6,2-2でした。

またまた惨敗ですが、このスプリットステップに気がついたのは2-6,2-4だったので可能性ありそうじゃないですか?(楽観的)

サーブ&ボレー挑戦記

この頃挑戦しているサーブ&ボレーについて色々書いてます。

→サーブ&ボレーで効率の良い配球の話

→ストローカーに対するサーブ&ボレーの効果

関連記事はこちら