【テニスボール】メーカ別製品レビューとおすすめ練習ボール

学生時代、使い込んだツルツルのスッカスカボールで練習して、いざ公式戦に出るとニューボールのボールの「走り」に対応できず、序盤ボロボロという苦い経験があります。

当然これは論外でして、競技志向(試合に勝つことが目標)で練習をしているのであれば、練習で使うボール選びは結構重要です。

大会使用球は当然私達では選ぶことができないので、目標とする大会で使うボールに慣れておくことが大事になってきます。

最近は、仲間内の基礎練の成果を、「公式戦」や「草トー」、「試合メインのテニスオフ」で試している感じで、色々なメーカーのニューボールを打っています。

基礎練でも数種類の球種を使っているので、少しづつボールの「違い」が感じられるようになってきました。

本記事では、各メーカーの製品を

  • 打球感(重さ)
  • 反発性
  • 耐久性

という観点で評価をしてみたいと思います。

合わせて、

  1. テニスボールの基礎知識
  2. 私がおすすめする練習ボール

についてまとめていきたいと思います。


【基礎知識】テニスボールの種類について

テニスボールには、

  • プレッシャーボール
  • ノンプレッシャーボール

の2種類があります。

プレッシャーボール

プレッシャーボールは、容器に圧縮空気が入っていて、内部の空気圧を高くしてある状態のボールのことを表します。

ボールの内圧とゴムの力で弾むのが特徴です。

「カシュッ」と開けるタイプはプレッシャーボールです。

ノンプレッシャーボール

一方のノンプレッシャーボールは、ボールの内圧は関係なく、ゴムの力だけで弾ませるのが特徴になります。

こちらは上記の商品画像の通り、剥き出し状態で売られています。

両者の違いは何?

プレッシャーボールの特徴
  • ノンプレッシャーに比べ打球感が軽い
  • 試合球に近い感覚で練習ができる
  • 開封直後から徐々に空気が抜ける為、劣化が早い
  • ノンプレッシャーに比べ、ちょっと高値
ノンプレッシャーボールの特徴
  • 打球感が重い
  • 耐久性が高い(フエルトが持つ限り使える)
  • 安価である
  • 試合球とは感触が全然違う

といった特徴から、試合に出る方はプレッシャーボールで練習をした方が良いと言えます。

たまにプレーを楽しむのが目的でしたら、空気が抜けず長く使えるノンプレッシャーボールがおすすめです。

空気が抜けきったプレッシャーボールよりは、ノンプレッシャーの方が良いので、

「あっ、ボール忘れた(`・ω・´)」

という時用に、車の中に置いておくと良いかもしれませんね。

【テニスボール】製品レビュー

DUNLOP

  • DUNLOP FORT
評価
  • 打球感(重さ):★★★
  • 反発 :★★★★
  • 耐久性:★★

日本国内では、「キングオブ・テニスボール」と言える程、有名なボールです。

学生時代の大会から、現在も地元の県大会などで公式球として使われています。

打球感は柔らかくソフトで、打ちやすく感じます。

が、空気の抜けが早いのか、試合中盤以降はボールの走りがなくなってくるのが、私的には残念なポイント。

  • DUNLOP セントジェームス
評価
  • 打球感(重さ):★★★
  • 反発 :★★★★
  • 耐久性:★★★

すごくザックリ言うと、

「フォートに似た打球感でちょっと耐久性に優れる」

という感じです。

フォートよりも安いので、フォートを使う大会前の練習に最適なボールです。

BRIDGESTONE

評価
  • 打球感(重さ):★★★★★
  • 反発 :★★★★
  • 耐久性:★★★
  • BRIDGESTONE XT-8

「毎日テニス選手権」などのビッグトーナメントで公式球として使われている、こちらも超有名なボールです。

日本一草トーを開催している、「インスピリッツテニスクラブ」の公式球も「XT-8」です。

特徴として、ボールが硬く(内圧が高い?)ボールの走りがとても良いことが挙げられます。

自分のサービスが調子良い時などは、この走りが大きな武器となるのですが、相手のショットが良いときも伸びてくるので対処が厄介・・・

フォートよりも若干耐久性があると感じています。

  • BRIDGESTONE NX-1
評価
  • 打球感(重さ):★★★★
  • 反発 :★★★★
  • 耐久性:★★★★

「XT-8」より少し柔らかいけど、「フォート」や「セントジェームス」よりは硬めで、耐久性があると言う評価です。

私は非常にバランスが良いと感じていて、使用頻度の高いボールです。

HEAD

  • ペン(Penn)
評価
  • 打球感(重さ):★★★
  • 反発 :★★★
  • 耐久性:★

アメリカで人気のある練習球のようです。

私はコストコへ行った際、かなり安めで売っていたのでまとめ買いして一時期使っていました。

打球感としては、平均的で普通に打ちやすいのですが、耐久性にかなり難あり。

フエルトの消耗が早く、あっという間にツルッツルになってしまう感じです。

1回の練習で使い捨て前提であれば、コスパが良いのではないでしょうか。

Wilson

  • US OPEN EXTRA DUTY
評価
  • 打球感(重さ):★★★
  • 反発 :★★★
  • 耐久性:★★★

大学時代、学内の大会で使われていたボールです。

最近でも、たまに試合をしてもらうテニスオフ主催者が愛用していてちょくちょく打っています。

特別硬いわけでも、空気抜けが早いわけでもない、オーソドックスなボールだと思います。

SRIXON

  • SRIXON HD
評価
  • 打球感(重さ):★★★
  • 反発 :★★★★★
  • 耐久性:★★★

このボールも、たまに伺うテニスオフ主催者が愛用しているボールです。

このボールは個人的にちょっと苦手・・・

他のボールに比べ、吹っ飛ぶ感じがして収まりが悪く、なかなかアジャストできませんでした。

耐久性についてはフォートと大差ないかなと思います。

おすすめ練習ボールは

ボールの

  • 耐久性
  • コスパ
  • 国内公式試合使用割合

を総合して考えると、

  • <ダンロップ> セントジェームス
  • <ブリヂストン> NX-1

がおすすめです。

【豆知識】四大大会公式球は?

  • 全豪オープン

2019年からダンロップのボールが公式球として使われています。

  • 全仏オープン

地元フランス「バボラ」のボールが公式球として扱われています。

  • 全英オープン

日本ではあまり見かけない、スラセンジャーのボールが使用されています。

サービスエースが量産されないように、内圧が微妙に調整されているとかいないとか・・

  • USオープン

先ほどもご紹介した、ウイルソンのボールが公式使用球です。

まとめ

以上、テニスボールの評価でした。

トッププロでもコートサーフェースやボールにアジャストするために結構入念に調整を行なっています。

たまに、

「この大会のボールはxxだ」

と、トッププロのインタビュー記事が挙げられています。

それくらいプレーに影響を及ぼす大事な要素です。

私たちアマチュアでもボールアジャストを意識することで、大事な大会の結果が変わってくるかもしれませんね。

本記事が一つの参考となれば幸いです。

テニスボール Q&A

テニスボールのプレッシャー、ノンプレッシャーの違いは何?

プレッシャーボールは、容器に圧縮空気が入っていて、内部の空気圧を高くしてある状態のボールのことを表します。ボールの内圧とゴムの力で弾むのが特徴です。一方ノンプレッシャーボールはゴムの力だけで弾み、空気抜けの影響がなく耐久性が高いところがメリットになります。(詳細はこの記事をご覧下さい。)

安さを重視したおすすめプレッシャーボールは?

ヘッドブランドの「ペン」がおすすめです。打球感・反発も悪くなく練習用ボールに向いています。(詳細はこちらの記事をご覧下さい。)

耐久性を重視したおすすめプレッシャーボールは?

ブリヂストンの「NX1」がおすすめです。空気が抜けにくいので、まとめ買いで球出し練習などに使用しても打球感が落ちにくく長持ちします。(詳細はこちらの記事をご覧下さい)

4大大会はどのボールが使われているの?

全豪オープンは「ダンロップ」、全仏オープンは「バボラ」、ウィンブルドンは「スラセンジャー 」、全米オープンは「ウイルソン」のボールが使用されています。(詳細はこちらの記事をご覧下さい。)

関連記事はこちら

人気カテゴリー