【トロライン】キャビア (CARIAR) 耐久性レポート

「ソリンコ」や「ダイアデム 」に続き、日本で発売が始まったアメリカ・カリフォルニアのブランド「トロライン」。

日本ではまだ流通が少なめですが、幸運にもモニターストリングをいただくことができ、打球感を堪能することができました。

私個人の印象では、

  • YONEX ポリツアープロ の柔らかさ
  • ソリンコ ハイパーGの引っかかり

が共存したような打ち心地で、かなり「タイプ」なストリングでした。

【トロライン】キャビア(CAVIAR) インプレ・レビュー 【ライバルは?】

張ってから約4週間、週末の練習を通じ、ストリングの劣化が顕著になってきたので、「耐久性」と「テンション維持性」について評価をしていきたいと思います。


試用期間と練習回数

  • 壁打ち(0.5h) x 3
  • 基礎練(2h) x 2
  • ダブルルスマッチ練(2h) x 2
  • シングルスマッチ練(2h) x 1

週末雨に祟られてしまい、壁打ち多めな感じでしたが、期間にして約4週間。

一般的なポリで緩みが気になり始めるタイミングです。

耐久性評価

トロライン キャビア 耐久性
トロライン キャビア 耐久性

多角形状のストリングって「削れやすくキレやすい」というイメージがありましたが、キャビアは柔らかめだからでしょうか、結構持ちます。

4週間経っても激しいノッチは見られませんでした。

耐久性は高めですね。

テンション維持性評価

トロライン キャビア テンション維持性

テンションの劣化っぷりは、数値的にはゆったりとしていて、急激な緩みはありませんでした。

が打球感には1つ大きな曲がり角があって、最初に感じた「引っ掛かる」感触の劣化がありました。

上記の図だと、「Sep 16」あたりだったと思います。

角が削れちゃったのかな・・・?

それ以降は反発性も落ちてきてきてしまい、そろそろ賞味期限といった感じです。

キャビアはゲージ120と細めなので、緩みが早いのだと思います。

はじめの打球感が良かったので、劣化を顕著に感じるという説もあります。

まとめ

総評
  • 耐久性 → 高め
  • テンション維持性 → 中の下

張りたての、「柔らかさ」「適度な反発」「引っ掛かり感」は3拍子揃ってかなり優れているものがあったので、

✔︎ 賞味期限は短いけど、美味しいストリングが良い

という方におすすめできるストリングです。

興味があったらぜひお試し下さい。

【キャビアをチェックする】

トロライン
テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー