【ストリング】種類別の特性と自分に合った選び方をご紹介

                           

様々な種類があるテニスのストリング。

テニスを始めたての人はどんな種類があって、それぞれどんな特徴があり、どんな素材が自分に適しているかというのはなかなか分からないものです。

そんな人向けに、ストリングの種類、特徴、こんなプレーヤーに向いていますという情報をまとめました。

私個人の思いが入っていますが、ご参考になれば幸いです。

ストリングの種類

次の3種類があります。

ナチュラル

良い点

打感は柔らかく不快な振動なし。反発力も申し分なく、さらにテンション維持も抜群。
打った時の音も「スパン」という感じで気持ち良いです。

難点

まずはお値段がはります。(かなり高額・・・)

そして耐久性は良くありません。しばらく打つと表面がさきいか状態になってきます。(そこから意外ともつのですが、見栄えがちょっといまいちに)

さらに致命的なのは、水に弱いという点です。

高温多湿、雨の多い日本にはちょっとつらいガットです。

水を含むと一気に感触が鈍ります。
見た目もヨレってきて使用する人のテンションが下がります。

雨上がりのオムニコートは地獄です。。。

耐久性アップお勧めグッズ エラストクロス

ガットの間に挟み込み耐久性をアップさせる効果がある道具です。

昔サンプラスが良く使っていましたね。もちろん影響されて使いました(笑)
ナチュラルガットではありませんでしたが…

ナチュラルガットおすすめプレーヤー

反発力があるので、相手の力を利用して展開するカウンターパンチャーやスライスやボレーで翻弄するテクニシャン系プレーヤーに向いていると思います。

昔はボールをぶっ潰すためにナチュラルを高テンションで張り、あまりのテンションで夜中にガットが切れるということもあったそうな…

そういう訳で、ボールぶっ潰し系プレーヤーには合わないと感じます。

ポリエステル


 

良い点

文句のない耐久性でお値段も普通。

近年は種類も豊富になってきていて、柔らかめのポリエルテルストリングも多数発売されています。

またストリングがヨレずらく、さらにボールを潰しやすいという特徴があります。

難点

他の種類のストリングと比較すると、打感が硬く身体への負担が大きめです。

耐久性はあるがテンション維持が悪く、1ヶ月もするとかなり緩んできてしまいます。

各メーカいろいろ工夫されて柔らかいポリストリングを開発されているので、負担にならないストリングが見つかるかもしれません。

<ポリエステルストリング関連記事>

バボラ人気ポリストリング3種インプレと比較

【YONEX】人気ポリエステル ポリツアーシリーズの比較

ポリエステルストリングおすすめプレーヤー

ボールをぶっ潰してストロークで主導権をとっていく方にピッタリです。

飛びが抑えられているので、安心して振り抜けるというメリットがあります。

シンセティック(ナイロン)

 

良い点

ナチュラルに比べ雨に強く(性能はさがるけど)、お値段もお手ごろ。

また、種類が豊富です。マルチフィラメントやモノフィラメント、モノマルチなどがあり、様々な打感から自分に合うモノをチョイスできます。

<マルチフィラメント等の種類については以下の記事をご参照下さい>

【テクニファイバー】 ストリングインプレッション

難点

耐久性はナチュラルより低いです。ナチュラルはさきいか状になってから頑張れるのですが、シンセティックは粘りが足らない感じです。

後は、ナチュラルの感触を知ってしまうと打感が劣ること位でしょうか。
おいしい味を知らなければ満足できる打感ですけどね。

ナイロンストリング おすすめプレーヤー

全ての方に合うでしょう。

ここを基準にもっと潰したい方はポリエステルへ、匠を目指すかたはナチュラルへみたいに、進路?を決めれば良いと思います。

おすすめストリングBest3

第3位:テクニファイバー XR3

シンセティックストリングのモノマルチです。マルチのマイルド感を持ちつつモノフィラメントの反発感も味わえる逸品。

お値段も普通で、老若男女オールラウンドに使用できると思います。

第2位:Babolat トニックプラス ロンジビティ

打感が優れたナチュラルガットです。
ロンジビティはゲージが1.35ということで、ナチュラルの中では耐久性に優れます。
一度打つと病みつきになりますから要注意!!

第1位:Babolat RPMチーム

今自分が使用しているストリングを堂々の1位に…
REVO V3.0

ポリエステルですが、そこまで硬くなく、反発力に優れています。

ボールを潰す感覚も味わえ、30-45位の男性週末プレーヤーに合うのではないでしょうか。

みなさんのストリング選びの参考になれば幸いです。

関連記事はこちら