【SRIXON】REVO V3.0 TOUR インプレ

                           

SRIXON REVO V3.0があまりにも好感触で、もしかしてこのTOURにすればもっとヘビースピンの重い球が打てるかも!!

という淡い期待を抱いて試打してみました。

結果は…

先日打ったREVO3.0がかなり気に入り、とのツアーモデルである3.0 TOURをお借りして試してみました。

SRIXON REVO V3.0インプレ記事

SRIXON REVO V3.0 TOUR インプレッション

スペック

スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
305g 97平方inc 27inc 23mm-24mm-21mm 16×19 323mm

 

ファーストインプレッション

おっ、重いぞ、硬いぞ。でも振りぬきはかなり良いぞ。

芯を喰った時の気持ち良さはありますが、継続するのは私の腕では厳しかったです。

名前にTOURが付くだけでこんなにもハードルが上がるのかぁ、という感想です。

サービス

振りぬきは抜群で芯を喰ったフラット系はキレ良く飛んでいきました。

が、確率と打ち続ける体力に不安があります。

回転の掛け易さもピュアドラやTOURなし3.0の方が上でした(私は)

ストローク

タイミングがバッチリ合って、自称ナイスショットが打てた時は、ピュアドラやREVO3.0を上回るものが打てます。

しかし、振られてスイートスポットを外したのは飛ばず、試合には厳しいかなぁという印象でした。

振りぬきはこちらも良く、ぶんぶん振り回せる若人には合うのではと思います。

ボレー

こちらも難しい・・・

TOURなし3.0とフェース面積は3INCしか変わらないのですが、フレームの硬さもあるのか、芯でとらえないと、飛びません。

私のなんちゃってボレー普通のボレーにカバーしてくれる率はピュアドラより低いです。ちゃんとボレーができる方は問題ないでしょう。

まとめ

正直私の腕力、技量では厳しいラケットでした。

TOURなし3.0とは別ラケットと考えた方が良いと思います。

もちろん育ち盛りの若人マッスル系社会人、ピュアドラやTOURなし3.0じゃ飛びすぎるぞ、という方は試してみると良いと思います。

試打動画

 

昨日記事にしたtourなし3.0と同時のインプレッションです。参考にしてみて下さい。

価格の確認はこちらからどうぞ

ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら