【HEAD(ヘッド)】GRAVITY(グラビティ) #新時代フォース 情報

少し前からSNSを賑わせているHEADの謎ラケット。

2019年芝シーズンからズベレフのラケットがこのNEWラケットに変わったりと、動きが見られます。

Embed from Getty Images

 

やっと正式なコスメやスペックの情報が明らかになってきたので、整理してみたいと思います。

管理人

インプレをご覧になりたい方は、記事末尾にリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ!


ラケットデザイン

head gravity
head gravity
head gravity

2色のカラーリング!?

メーカー側は「フリップデザイン」と呼んでいます。

攻めの姿勢が伺えますね。

杉山愛選手が現役時代使っていた、プリンスの「モアコントロール」を彷彿とさせます。

ラケット名称とスペック

正式に「GRAVITY(グラビティ)」と発表されました。

ラインナップ
  • GRAVITY PRO
  • GRAVITY TOUR
  • GRAVITY MP
  • GRAVITY MP LITE
  • GRAVITY S

の5機種展開です。

気になるスペックはこちら。

GRAVITY PRO スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
315g 100平方inc 27inc 20mm均一 18×20 315mm

 

GRAVITY TOUR スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
305g 100平方inc 27inc 22mm均一 18×20 320mm

 

GRAVITY MP スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
295g 100平方inc 27inc 22mm均一 16×20 325mm

 

GRAVITY MP LITE スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
280g 100平方inc 27inc 22mm均一 16×20 325mm

 

GRAVITY S スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
285g 104平方inc 27inc 24mm均一 16×20 325mm

スペックを見る限り、PROはかなりハードそうな数値です。

MPはオールラウンドに使いやすそう。

個人的に興味があるのが「S」です。

飛ばないフレームみたいなので(イメージですが・・)、大きめなフェイスと少し厚めのフレームでどこまでパワーが出るのか気になります。

MPライトとのスペックの違いが絶妙ですね〜

テクノロジーは?

これまでのグラフィン360から「グラフィン360+」にバージョンアップしている模様です。

グラフィン360+

グラフィン360をベースにしてフレームの「5時と7時」に「スパイラルファイバー」というものが加わり、さらにしなやかでクリーンなインパクトを実現しているのだとか・・

面ブレしにくい少し硬めの打球感なのかなと想像できます。

さらに、フレーム形状も一新されました。

グラフィン360+

スイートスポットを上部へ移動させ、現代テニスに適合するように見直されたようです。

試打キャンペーンも実施されました

年齢制限ありの試打キャンペーンに申し込みましたが、まだご連絡がいただけていません・・

40歳未満が対象となっていることから、重めで飛ばないラケットなのかと想像がつきます。

ギリ対象なんだけどな〜

発売されるまで気長に待ってみようと思います。

打球感

試打された方や、プロの方の感想が徐々に感想が公開されています。

まとめ

以上、グラビティシリーズ最新情報のご紹介でした。

個人的にMPとSが美味しそうに感じます。

早く打ってみたいなぁ。

実際打てたら改めて感想を記事にします。

発売開始されました!

ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

年末特集
2019年のご褒美に、2020年モチベーションアップへの起爆剤に新作ラケットはいかがですか?

今年発売されたラケット18本の特徴・評価・インプレをまとめました。

ラケット選びのヒントに使って下さい。

【2019年発売】新作ラケット特集【インプレ・評価つき】

2019-11-13

人気カテゴリー