【DUNLOP】CX400ツアー 2021 新スペックラケットをインプレ・レビュー

2021年2代目が発売された人気のCXシリーズ。

2代目の注目ポイントとして、新テクノロジーの搭載もありますが、新しいスペックが追加されたことが挙げられます。

これまでは、

◇CX200

  • フェースサイズ:98平方インチ
  • 重量:305g
  • フレーム厚:21.5mm均一

◇CX400

  • フェースサイズ:100平方インチ
  • 重量:285g
  • フレーム厚:24mm均一

と、結構差のあるスペックとなっていました。

この間を埋めるのが今回追加された「CX400ツアー」です。

先日打つことができたので、打球感や球の特徴をレポートしていきたいと思います。


デザイン

CX400ツアー インプレ
CX400ツアー インプレ
CX400ツアー インプレ
CX400ツアー インプレ

2代目は赤基調ですが、何度見ても綺麗な赤で、明るすぎず、暗すぎず、かっこいいです!

CX400ツアーの特徴とスペック

2代目CXシリーズの進化のポイントとして、制振ゴム素材がシャフト部に搭載され、パワーロスを抑制し球威の向上が見込めます。

この技術を「フレックスブースター」と呼んでいます。

その他のテクノロジーについては、こちらの記事でご確認下さい。

DUNLOP CXシリーズ 2021

【DUNLOP】CX200/400 シリーズ 2021年モデル 新作情報 (2代目)

スペックはこちらです。

CX400 TOURスペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
300g100平方inc27inc23mm16×19320mm
  • フェースサイズ:100平方インチ
  • 重量:300g
  • バランス:320mm
  • フレーム厚:23mm均一

こんな感じで、「ちょい薄ボックス系黄金スペックラケット」と言えます。

ボックス系フレームの打球感がありつつ、黄金スペックの扱いやすさが共存していそうな予感です。

ファーストインプレッション

CX400ツアー インプレ

CX200ほどの重厚感(乗り)はないけど、CX400よりは乗る(弾かない)、確かに中間的な印象でした。

スペックの数値から思い浮かぶ、ラウンド形状の黄金スペックに比べると弾きが弱くてコントロールがしやすく感じました。

ストローク

まず感じたのが「操作性の良さ」です。

数値的には黄金スペックと変わりませんが、少しフレームのせいか抜群に振りやすいです。

中心部が細かいストリングパターンの影響か、弾道は結構低めです。

厚くボールの後ろ側を叩いていくと、CXの特徴である柔らかさを感じつつ適度な反発で鋭いボールが飛ばせます。

この反発が絶妙で、CX400ほどは強くなく、CX200よりは飛ばしてくれる感じで、僕個人的にはこれがちょうど良いです。

CX200だと守備が厳しいと感じている人に是非試してもらいたいですね。

ボレー

CX400ツアー インプレ

僕の中でCXシリーズはボレーの打ちやすさが際立っているラケットで、CX400ツアーにも期待を寄せていました。

たしかに感触は良いのですが、CX200程の乗り(タッチ感覚)がないし、CX400程飛ばしてくれない、ちょっと中途半端な印象。

良く言えば「癖がない」という評価になると思いますが、キャラが薄まったというか、評価が難しいです。。

操作性という観点では、このCX400ツアーが最も良かったですね。

重量と重心のバランスが優れているのだと思います。

サービス

サービスに関しては、やはりスライス系の変化とスピード感が良かったですね。

スライス回転でバウンド後に低く滑らせてリターンミスを誘うようなプレーに向いていると思いました。

スピンもかかりますが、私のスキルでは相手の打ちごろになる感じで、効果的に打てませんでした。。。

CX200と比べると重厚感が弱く弾きが強まっているので、打球感が軽めでした。

もっと乗ってほしい(打ちごたえが欲しい)と思う人もいるんじゃないかと思います。

逆にCX200だと飛ばない・・・という人にはマッチしそうです。

ラケット評価チャート

CX400ツアー インプレ

まとめ

以上、CX400ツアーのインプレでした。

  • 抜群の操作性
  • 癖のない反発性

が特徴で、扱いやすさが印象に残りました。

「これがすごい!」と尖ったものはないけど、どれも平均的でオールラウンドに使えるラケットだと思います。

興味があったら試してみて下さい!

最安値の確認はこちら

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
4.5 based on 4 votes
ブランド
DUNLOP
製品名称
CX400ツアー 2021年モデル
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表(現行モデル70本以上)を作成しました。
今のラケットよりもうちょい飛びが欲しいな、でも打球感はあまり変えたくないな・・。どんなラケットが良いんだろう?
興味のあるラケットがあるけど、他に似た打感のラケットはどんなのがあるんだろう?
というような疑問に応えられる図になってます。

ラケットに迷ったら見てみて下さい。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。
テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー