【DUNLOP】CX400 2021年モデル インプレ・レビュー

2021年1月の新製品、ダンロップのCXシリーズ。

このリニューアルで2代目となります。

SNSを眺めていても注目度の高さが伝わってきます。

今作はレッド基調となっていて、デザインも良さげです。

まず軽量モデルの「CX400」を試すことができたので、使用感をレポートしていきたいと思います。


CXシリーズ 2021年モデルの特徴

  1. POWER GRID STRING TECH
  2. SONIC CORE Made With Infinergy
  3. FLEX BOOSTER

この3つのテクノロジーがキーになっています。

①はストリングパターンに関するもの。
②がDUNLOPラケットに搭載されている素材。
③は「スロート部に制振ゴムを搭載」という新テクノロジー。

もともと柔らかい打球感であるダンロップラケットに③が搭載されて、より打球感が洗練されるのでは・・?

と期待が高まります。

搭載テクノロジーの詳細はこちらの記事でご確認ください。

DUNLOP CXシリーズ 2021

【DUNLOP】CX200/400 シリーズ 2021年モデル 新作情報 (2代目)

デザイン

CX400 2021 インプレッション
CX400 2021 インプレッション
CX400 2021 インプレッション
CX400 2021 インプレッション
CX400 2021 インプレッション
CX400 2021 インプレッション

艶消しのレッドはスベスベしていて、手触りが良いですね。

片手バックハンドの方は結構しっくりくると思います。

落ち着きのある赤で派手すぎずいい感じ!

スペック

CX400スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
285g100平方inc27inc24mm16×19330mm

数値的に初代と変更はありません。

RA値は71で初代よりは少し柔らかくなっています。

ファーストインプレッション

軽量モデルなので、やはり取り回しは秀逸です。

他のCXシリーズよりもRA値が高くなっていて、フレームはかなりしっかり感があり、反発性の高さを感じました。

ウォーミングアップの弱い当たりだと「柔らかさ」はそれほど感じませんでした。

ストローク

強いインパクトをすると、独特の柔らかさが感じられます。

特に厚く当てた時に手に伝わってくる、ボールがストリングでトランポリン?をするような、弾力感が気持ち良いですね。

前作も「グシャッ」と潰れるような感触はありましたが、今作の方がダンピングが強いです。

スロート部の制振ゴムの効果でしょうか・・?

その恩恵で、スピード感のあるボールを打つことができます。

薄い当たりで回転をかけようとすると、フレームのしっかり感(硬さ)が前面に出てきてしまい、ボールに推進力が出しにくいです。

CX400 2021 インプレッション

ご覧の通り、中心部は結構細かいストリングパターンとなっているため、擦るスイングには向いていません。

特に気に入ったのが、バックハンドスライスのアプローチで、スピード感があり、低く滑って効果的なショットを打つことができました。

ボレー

相変わらず、安定してボレーは打ちやすいです。

相手の速い突き球でも、

  • 操作性の良さ
  • 面安定性
  • 爽快な反発性

3拍子揃っていて、難なく返すことができました。

特に面の安定感は抜群で、全然暴れません。

ボレーでもストリングのダンピングが感じられ、柔らかさがありました。

サービス

サービスでは、スライスサービスでの「スピード感」と、「バウンド後の低さ」を出すことができました。

スピンサービスは私のスキルではしっかり弾ませられず、ただのチャンスボールに・・

スライスサービスで、あえて推進力を消し「遅くて弾まない」球種を混ぜられると、相手を翻弄することができそうです。

余談

若い頃は、スピードや跳ねといった勢いを出すことだけを考えて打っていましたが、最近はスライス系の回転で、相手のミスを誘うサービスを目指しています。

低い弾道だとボールを持ち上げなければならないので、難易度が高いんですよね。

さらに遅いサービスであれば、リターナーは自分からパワーを加えなければならないので、さらに難易度を上げることができます。

そんなスライス系が打ちやすいラケットでした。

リターン

このラケット、リターンが良かったです。

面を作ってブロックするだけで、ストリングのダンピングパワーですんなり返ってくれます。

特に自分から振る意識はなく、コンパクトにブロックするだけ。

面の安定性もあるので、ブレる事なく再現性も高かったです。

ラケット評価チャート

CX400 2021 インプレッション

まとめ

以上、2021年版、CX400のインプレでした。

スピン系のハードヒッターではなく、スライス・フラットドライブがメインで、低い弾道勝負のプレーに合うと思います。

このラケットを使ったテクニシャンとは試合したくありませんw

スライスやタッチショットが得意な方は是非試してみて下さい。

最安値の確認はこちら

【参考情報】

前作のインプレはこちらです。

DUNLOP CX400 インプレ

【DUNLOP】CX400 (2018年モデル) インプレッション【パワー型軽量ラケットの感想は?】

2代目の別スペックのインプレはこちらです。

DUNLOP CX200 2021 インプレ・レビュー

【DUNLOP】CX200 2021 インプレ・レビュー(2代目の進化ポイントは?)

CX400ツアー インプレ

【DUNLOP】CX400ツアー 2021 新スペックラケットをインプレ・レビュー

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
4 based on 3 votes
ブランド
DUNLOP
製品名称
CX400(2021年モデル)
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表(現行モデル70本以上)を作成しました。
今のラケットよりもうちょい飛びが欲しいな、でも打球感はあまり変えたくないな・・。どんなラケットが良いんだろう?
興味のあるラケットがあるけど、他に似た打感のラケットはどんなのがあるんだろう?
というような疑問に応えられる図になってます。

ラケットに迷ったら見てみて下さい。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。
テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー