【PRINCE】BEAST(ビースト) 2020 情報まとめ【#テナズケロ】

PRINCEの人気黄金スペックラケット、BEASTの新作が発表されました。

現行モデルは、テキストリームと呼ばれる強くて軽いカーボンが使用されていて、面安定性が高く、飛びすぎない、コントロール性が良いという特徴があるラケットです。

今度の新作について詳細な情報が公開され始めましたので、

  • どんなデザインとスペックで
  • どんなテクノロジーが加わり
  • どんな進化を遂げたのか

という観点で整理していきたいと思います。

管理人

インプレをご覧になりたい方は、記事末尾にリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ!


デザイン

beast2020

 

鮮やかなレッドのカッコいいラケットになるようです。

新テクノロジー

プリンスラケットといえば、「テキストリーム x トワロン」を使い、クリアで気持ちの良い打球感を実現させています。

テキストリームカーボンにアラミド系繊維の一つである「トワロン」を融合させてテキストリームの剛性を損なうことなく、衝撃吸収性や球持ち感を向上させたテクノロジーです

新ビーストにも継承されています。

このテクノロジーが配置される場所が今回変更されました。

  • 現行モデル→シャフト部分
  • 新モデル→シャフト部分+フェイスの10時と2時の部分

新型はフェイス上部の剛性を強化してボールの推進性とコントロール性アップが期待できるものになりました。

この技術が「ATS(Anti Torque Sytem)」だそうです。

もう一つプリンスならではの「O(オー)ポート」がグロメットレスへ進化を遂げました。

beast2020

より打球感をクリアにし、ダイレクトにパワーが伝わるのだそうです。

これは味わってみたいですねぇ。

O3シリーズではない方も、グロメットホールの径を大きく設計し、ストリングとの接点をフレームの外側にもっていきました。

beast2020

その恩恵でストリングの動きがスムーズになりスイートスポットが拡大しているそうです。

ビースト98にだけ搭載されたテクノロジーとして「CTS」があります。

プリンス CTSテクノロジー

シャフト部からフェーストップ部にかけ、均一に厚みが増していく形状で、「スイートエリアがフェーストップ方向に拡大」する効果があります。

フェース上部で捉えることが多い現代テニスに合わせたテクノロジーです。

ラインナップとスペック

  • BEAST O3 100(300g)
  • BEAST O3 100(280g)
  • BEAST O3 104
  • BEAST 100(300g)
  • BEAST 100(280g)
  • BEAST LITE 100

まずこの6機種が発売になるようです。

2020年6月、フェースサイズ98のラインナップも加わりました。

  • BEAST O3 98
  • BEAST 98

合計8機種展開となります。

それぞれのスペックはこちら。

BEAST O3 98 スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
300g98平方inc27inc25-23-22mm16×20320mm

 

BEAST 98 スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
300g98平方inc27inc25-23-22mm16×20320mm

 

BEAST O3 100(300g) スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
300g100平方inc27inc23.5-25-22mm16×19320mm

 

BEAST O3 100(280g) スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
280g100平方inc27inc23.5-25-22mm16×19335mm

 

BEAST O3 104 スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
280g104平方inc27inc23.5-25-23mm16×19335mm

 

BEAST 100(300g) スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
300g100平方inc27inc24-26-23mm16×19320mm

 

BEAST 100(280g) スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
280g100平方inc27inc24-26-23mm16×19330mm

 

BEAST LITE100 スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
260g100平方inc27inc24-26-23mm16×19348mm

個人的には、O3 100とノーマルの100が興味深いですね。

10時と2時に配合されたテキストリームトワロンがどのような変化を感じさせてくれるのでしょうか。

打球感は?

感想を聞くと、やはり面が暴れずコントロール性が良さそうです。

打ってみるのが楽しみです。

ご参考

2017年モデルのインプレはこちらです。

BEAST

【PRINCE】BEAST (ビースト) 100 (300g) インプレ

まとめ

発売は2019年の9月頃となるようです。

キャッチフレーズの「#テナズケロ」も個性的で面白いですね。

私にこの猛獣が手懐けられるか、発売を楽しみに待ってみようと思います。

追記

新ビーストを打つことができました。

マイルドな打球感で扱いやすい!!

特に98は、パワーとコントロール性の両立が魅力的です!

詳細はこちら。

プリンス ビースト O3 2019

【PRINCE】BEAST O3 100 インプレ <2019年最新モデル>

prince ビースト98 2020 インプレ

【PRINCE】BEAST(ビースト)98 2020 インプレ【トラディショナル】

最安値の確認はこちら

プリンス ビースト 2019 / 2020 Q&A

ビーストってどんなラケット?

プリンスから発売されている中ではパワーがあり、初級者~でも扱いやすく、幅広い層で人気のあるラケットです。(詳細はこの記事をご覧ください。)


ビーストの特徴は?

素材に使われている、テクストリームとトワロンの恩恵で「クリアな打球感」が特徴です。2019年モデルは「ATS」(フェイス上部の剛性を強化)が搭載され、ボールの推進性とコントロール性が向上していると言われています。(詳細はこの記事をご覧下さい。)


ビーストのラインナップは?

フェース面積100が、オースリーグロメットと通常グロメット、300gと280gの組み合わせ4機種に超軽量モデル1機種。フェース面積104が1機種。さらにフェース面積98が2機種追加され、合計8機種がラインナップされています。
(それぞれの詳細スペックはこの記事をご覧ください)


ビーストの感想は?

インプレはこちらです。(ビーストオースリー100)

ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表(現行モデル70本以上)を作成しました。
今のラケットよりもうちょい飛びが欲しいな、でも打球感はあまり変えたくないな・・。どんなラケットが良いんだろう?
興味のあるラケットがあるけど、他に似た打感のラケットはどんなのがあるんだろう?
というような疑問に応えられる図になってます。

ラケットに迷ったら見てみて下さい。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。
テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー