【Wilson】ウルトラ100 v3.0 インプレ【2020年最新モデル】

ボレー用黄金スペックラケットとして登場したウルトラシリーズが、新たなテクノロジーを搭載してバージョンアップ。

3代目ウルトラが発売されました。

ウルトラといえば、

  • 面安定性が高く
  • ストリングのダンピング性が良い

という特徴があり、「バランスが良く打ちやすい」という印象があります。

今回の進化で打球感等がどうなったのか、感想をまとめていきたいと思います。


デザイン

ウルトラ100v3 インプレ 2020
ウルトラ100v3 インプレ 2020
ウルトラ100v3 インプレ 2020
ウルトラ100v3 インプレ 2020
ウルトラ100v3 インプレ 2020
ウルトラ100v3 インプレ 2020

光沢ありのアンコンタミネイテッドデザイン。

シンプルで個人的には好きです。

搭載テクノロジー

注目すべき変更は以下の3点。

  • NEW PWS
  • Inverted Power Rib
  • Sweet Spot Channel
ウルトラ100v3 インプレ 2020

ウイルソンラケットの1つの特徴だった、3時と9時の位置にあった「PWS」と呼ばれるでっぱりを内蔵させ、さらに上の画像のように、「凹み」を作ることで横糸の長さを増やしています。

糸が長くなれば撓みが大きくなり、パワーが出しやすくなります。

詳細はこちらの記事でまとめているので、興味があったらご覧下さい。

wilson ultra v3 2020 新作情報

【Wilson】ULTRA(ウルトラ) v3 2020 新製品情報【#ウルトラできる】

2020-02-18

スペック

ULTRA100 スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 24-26-23mm 16×19 320mm

ファーストインプレッション

ウォーミングアップの弱いインパクトでも「撓み」が感じられ、それが柔らかい打球感に繋がります。

楽に飛ばせる感じもありましたが、強い弾きで飛ばすのではなく、一瞬の乗りがあるため、コントロール性も良さそう。

「おっ、いい感じ!」

というのが最初の感想です。

ストローク

強いインパクトをすると、撓みがさらに強く感じられます。

そしてフレームがしっかりとしているので、撓みから生まれたパワーをロスすることなく打ち出すことができ、威力のありそうなボールを打つことができました。

ただ、引っかかり感は少し弱い印象。

中弾道のボールは非常に打ちやすかったのですが、高弾道を狙った時にちょっと違和感を覚えました。

ボレー

やはり良いですね。

ボールが乗ってくれるので飛距離の調整がしやすく、面がブレないので再現性が高い。

よく飛ぶ系のラケットはボールを弾きすぎてコート内に収めるのが難しいということがたまにあるのですが、このウルトラは「楽で」しかも「入る」ものになっていると思います。

ボレーが苦手、と感じている方に是非試してもらいたいです。

サービス

フラット気味な直線的な弾道、トップスライス気味でスピードを重視して小さな変化をつけるようなボールの感触は、良かったですね。

イメージ通りの弾道で飛んでいってくれました。

ただイメージ通りできなかったのは、スピン系のサービス。

ストロークでも書いた引っかかりの弱さからか、イメージより回転がかからず、若干オーバーする傾向がありました。(実力不足ははっきり自覚しておりますが・・・)

ボールの勢いを出していきたい方には向いていそうです。

ラケット評価チャート

ウルトラ100v3 インプレ 2020

まとめ

以上、新型ウルトラのインプレでした。

ストリングの撓みが生む、

  • 柔らかな打球感
  • パワー感

が印象的なラケットでした。

初心者の方の最初の1本でも良い、バランスが取れた扱いやすいラケットだと思います。

興味があったら試してみて下さい。

最安値の確認はこちら

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
4 based on 4 votes
ブランド
Wilson
製品名称
ウルトラ100 v3 2020
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

人気カテゴリー