【バボラ】ピュアアエロ インプレッション

先日アエロプロドライブの後継、ピュアアエロを試打することができました。

アエロといえばナダル使用モデルということで、発売当初から爆発的な人気を誇っています。

Embed from Getty Images

 

ピュアドライブと並ぶモンスターラケットです。

ラケットの感想と、同じ黄金スペックで比較対象になると思われるピュアドライブやSRIXONのREVO 3.0辺りとの違いを記事にして見たいと思います。


デザイン

ピュアアエロ
明るめの蛍光イエローとブラックの組み合わせ。

スロート部分のアエロ構造はもちろんそのまま。

改良が加えられているのかもしれませんが、パッと見や持った感触ではわからない程度です。

スペック

スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 23mm〜26mm 16×19 320mm

黄金スペックど真ん中です。

特徴のあるラケットだと自分に合うカスタマイズが限られますが、バランスのとれたスペックだと、それが行いやすいというのもメリットかと思います。

ファーストインプレッション

ピュアドラやREVOに比べてちょっと重みを感じました。

スペック的には同じなので試打ラケットのバランス誤差なのかな。(300g +-7とか320mm+-7の差)

そして、打感が硬い

REVOの様なフレームの柔らかさは全く感じられません。

それとストリングの目が粗く見えました。

ピュアドラやREVOは中心部分が細くなっているように見えますが、ピュアアエロは中心部分も少し粗めとなっています。

ストローク

謳い文句通りスピンは非常にかけやすい!

ストリングの目の粗さもスピンの掛けやすさに影響していると思います。

振り抜きも良く気持ち良く打てました、最初は。

だんだん重さを感じちょっとつらくなってきたのも事実。

私の筋力では、草トーで1日振り回すのは厳しいかも。

スピン以上に私はバックハンドスライスが好感触でした。

アエロ構造の恩恵か、スムーズに振り出すことができ、低くて伸びる系のスライスが打てました。

ラケットの飛びという点では、ピュアドライブと比較するとかなり抑えられている感じです。

ていうかむしろ飛ばない部類かも。

なので、擦るスピンだとヘナチョコスピンとなってしまいます。

しっかり潰して打てる人向けですね。

ボレー

ボレーでも硬さは感じます。

しっかりと捉えられれば、バックハンドスライスで感じられたような切れのあるボレーが打てました。

ストロークの時に飛びは抑えられていると感じましたが、ボレーに関してはそこそこのアシストがあると感じます。

先日試打したYONEX VCORE DUEL Gと比べると、ラケットに飛ばしてもらっている感じが得られます。

ボールをしっかり乗せた感覚を味わいたい方はREVOの方が乗りを感じられると思います。

サービス

スライスサーブの切れがすごいです。

スピンもよく跳ねましたので、回転系サービスは打ちやすい。

フラットでもボールを潰れる感覚を味わえ、全般的に非常に好感触。

ストロークやボレーではフレームの硬さにちょっとネガティブでしたが、サービスに関しては硬さが気持ち良かったです。(なんて自分勝手)

まとめ

黄金スペックというと、ラケットがプレーを助けてくれて初心者から上級者まで使いこなせるラケットというイメージでしたが、ピュアアエロはかなりシビア(上級者向け)であると感じました。

しっかり自分から打っていけないと、良さを活かせないと思います。

ボールを潰してバキバキ打てる方には良い武器となってくれるでしょう。

他の人気ラケットと比較

独断と偏見で

黄金スペック比較
ピュアアエロ REVO 3.0 ピュアドライブ
反発性
柔らかさ
スピン性

ピュアアエロ ラケットフィーリングインタビュー

ピュアアエロを使用しているテニス仲間にラケットの感想をインタビューしました。皆どのような感想を持っているのでしょうか!?

*8/9 インタビュー追記しました!

 

最安値の確認はこちら

追記

2018年秋に新型モデルが発売されました。

打ってみた感想をこちらにまとめています。

ピュアアエロ2019インプレッション

【Babolat】ピュアアエロ2019 インプレッション

管理人評価
評価日
評価対象
バボラ ピュアアエロ
評価
31star1star1stargraygray
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

人気カテゴリー