【バボラ】ピュアストライク インプレッション

先日ご紹介したドミニク・ティエム選手が謎の白いラケットを使用する前に使っていた、ピュアストライク(PURE STRIKE)を試打することができましたので、感想を記事にします。

キャッチフレーズ『ファーストストライカーのためのライジングラケット』が体験できるでしょうか・・・


ピュアストライク

 

バボラ ピュアストライク インプレ

デザイン

蛍光オレンジとブラックの組み合わせで強そうに見え、攻撃的な印象を受けます。
フレームはボックス形状となっていて、強そうな色との相乗効果でハードヒッターだと思わせることができそうです。

ちょっと余談

フレームのボックス形状とは、フレームの断面が四角い作りの形状を指します。断面が丸みを帯びている形状をラウンド形状と呼びます。

ボックス形状はラケットがしなって食いつきを感じることができ、ラウンド形状はボール弾きが良いという特徴があるといわれています。

スペック

スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
290g 100平方inc 27inc 21-23mm 16×19 320mm

 

ピュアストライク

 

試打できたのはピュアストライク100の軽い方です。シリーズの中では最も楽なスペックでしょうかね。

ほぼほぼ黄金スペックで、独特なクセはなさそうです。

ファーストインプレッション

ボックス形状の影響かREVO 3.0に比べしなりを感じます。
しかし、くわえ込みすぎず球が離れて行くように感じました。

打感はツアー系のに似ていますが、スイートスポットを外した時のアシストはまあまああります。バボラのウーファーのおかげでしょうか。

なので、少し敷居は低いと思います。誰でも使えるでしょう。

ストローク

ほぼ黄金スペックなので、違和感はなく操作できました。
芯を食えば相手のストロークのパワーを利用した、ショットが放て攻撃力があがるように感じます。

REVOと最も違いを感じたのは、カウンターショットです。振られ走らせれた時のバギーウィップショットのキレが非常に良かった!
面のブレを感じることなく、スパンと狙ったところにコントロールでき、かなり感動しました。

ライジングラケット、少しだけわかったかも・・・

ボレー

ボレーも面ブレを感じずにしっかりアンダースピンをかけて打つことができました。
球離れが良いので、キレも良かったと思います。

ツアー系のシビアラケットではないので、多少スイートスポットを外しても、そこそこ飛びます。

サービス

しなり過ぎて球が飛んでいかないこともなく、球離れが早すぎで正確にコントロールできないということもなく、しなりと球離れのバランスが非常に良いと思います。

バウンド後の伸びもあるように見えました。

良い意味でこれといったクセは感じませんでした。(自分の理想通りのサーブが打てたのでクセを感じなかったのかもしれません)

最安値の確認はこちらからどうぞ

2017/02/07 追記

ピュアストライク新作のインプレはこちら

管理人評価
評価日
評価対象
ピュアストライク
評価
31star1star1stargraygray
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

人気カテゴリー