【YONEX】ラケットの特徴とラインナップまとめ【メーカー別特集】

日本のラケットスポーツを牽引する、ジャパンメーカー「YONEX」

プロの試合を観戦すると多くの選手が「YONEX」のステンシルをいれて戦っていますね。

昔に比べ(特に男子)、海外選手の使用率が高まっているように感じます。

ラケットの良さがグローバルに知れ渡ってきたのでしょう。

当然日本アマチュアテニス界でも人気があり、「ヨネラー」と呼ばれる、YONEXラケットを愛するプレーヤーが多く居ます。

そんな人気のYONEXラケットの特徴やラインナップについてまとめていきたいと思います。


ラインナップをインプレとともにご紹介

VCORE PRO(ブイコアプロ)シリーズ

vcore pro 97 2019

YONEXブランドのフラグシップモデルです。

薄ラケでしなりが強く感じられるラケットになっていて、抜群のコントロール性を誇ります。

しなる分打球感は重く、ボールを潰しているという感覚が味わえます。

97平方incと100平方incがあるので、好みの打球感が選べるのも魅力です。

追記

パワーアシストを充実させた、日本限定モデル「VCORE PRO100 JP」も追加されました。

vcore pro 97 2019

【YONEX】ブイコアプロ 97(2019) インプレ【新作を徹底レビュー】

vcore pro

【YONEX】VCORE PRO 100インプレ 〜 97と100を徹底比較

VCORE PRO100 JP インプレッション

【YONEX】VCORE PRO100 JP インプレ【日本限定モデルの感想は?】

VCORE(ブイコア)シリーズ

VCORE98

VCOREプロよりも、しなりが弱く弾きの感覚が強めになっています。

でも、そこまで球離れは早くないのでコントロール性は損なわれていません。

フレームにエアロフィンと呼ばれる凸凹がついていて、空気抵抗が減衰されてスイングしやすいラケットになっています。

VCOREシリーズは、100平方inc、98平方inc、95平方incとラインナップが豊富。

スピン重視で弾道を上げたなら100、少し弾道を下げたければ98や95という選び方もできます。

VCORE98

【YONEX】VCORE (ブイコア) 98 インプレッション 2018年モデル

VCORE100

【YONEX】VCORE(ブイコア) 100 インプレと98との比較

EZONE(イーゾーン)シリーズ

EZONE2020 100SL インプレ

このシリーズは「衝撃吸収性」と「パワー」が特徴のラケットです。

主力スペックに100平方incと98平方incの2パターンがありますが、性格が大きく異るという点もある意味特徴。

100の方は強い弾きがあり、パワーアシストが高いという特徴があり、初級者から十分使いこなせるスペックです。

一方98はボールの乗りが強く感じられ、自分のパワーでしっかり飛ばす必要があります。

キリオス選手や大坂なおみ選手といったパワーのある選手が愛用しているのも納得できます。

EZONE100 2020

【YONEX】EZONE100 2020 インプレ【おすすめポイントは?】

EZONE2020 100SL インプレ

【YONEX】EZONE (イーゾーン) 2020 インプレ 〜 100SL新スペックを検証

REGNA(レグナ)シリーズ

REGNA2019

YONEXがメイドインジャパンで拘りまくって作られた逸品です。

REGNAもしなりを重視したラケット。

ただVCOREプロのような敷居の高さはなく、扱い易いものになっています。

ラケット中心より少し下(根元寄り)で当たった時のアシストが他のモデルより大きいのが印象的でした。

REGNA2019

【YONEX】REGNA(レグナ) 2019 インプレ (100incモデル)

ASTREL(アストレル)シリーズ

yonex アストレル100 インプレ

伊達公子選手のために作られたようなシリーズです。

コンセプトは、

✔︎柔かい
✔︎軽い
✔︎飛ぶ

で、「楽しくプレーできるラケット」となっています。

市営コートなどを見るとシニア女性プレーヤーが使っているのを見かけるので、この層に人気があるのだと思います。

2020年に発表された新作には、フェースサイズ100sqincが新しくラインナップされて、男性陣にも人気が出そうな予感です。

yonex アストレル100 インプレ

【YONEX】アストレル 100 インプレッション【柔軽飛】

YONEXラケットの特徴

形状

ezone
VCORE100

アイソメトリック形状と呼ばれ、長方形に近い形です。

長方形に近くなると、ストリングの縦・横の長さが近くなり反発域(スイートスポット)が広がるという効果があります。

メーカーからは一般的な楕円形状に比べ、約7%広がるとうたっています。

素材

Namd

2018年から「Namd」を推して使用するようになりました。

Namdとは、「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術のことです。

実際使うと、ラケット剛性はあるけど「柔らかさ」もある打球感が味わえます。

一般プレイヤーへのおすすめは?

ラケットのパワーを借りて攻撃的なテニスをしたい

  • VCORE100
  • EZONE100

どちらもラケットパワーが高くアシストしてくれます。

回転重視ならVCORE、スピード重視ならEZONEかと思います。

フラットドライブ系のストロークをメインにオールラウンドなプレーをしたい

  • VCORE98

非常にバランスが良いラケットです。

フラットドライブ系の弾道で、綺麗な正攻法テニスを繰り広げたい方に向いていると思います。

ハードヒットで相手を攻め込みたい

  • VCOREプロ97
  • EZONE98

どちらも球乗りが良く、ボールを正確にコントロールすることが可能です。

しなりを感じたい方はVCOREプロ、弾く感触の方が好きであれば、EZONE98の方が向いていると思います。

ラケオタ的評価

私の感想を分布図で表してみました。

YONEXラケット評価

 

まとめ

以上、ヨネックスブランドのラケットラインナップと特徴についてでした。

最近のヨネックスは打ちやすさはもちろん、デザインの良さも磨きがかかってきています。

人気が出るわけですね。

本記事がYONEXラケット選びのヒントになれば幸いです。

記事中にラケットに関する専門用語を使いました。

ちょっと何言ってるの?と思った方は用語を以下のページで解説しているので、良ければ読んでみて下さい。

ラケットパーツ名称

【テニスラケット用語】パーツの名称と役割、各種数値を徹底解説

YONEX製品インプレ一覧

YONEXラケット Q&A

  • YONEXラケットでオールラウンドに扱い易いおすすめモデルは?

振動吸収性・飛び・操作性に長ける「EZONE100」、飛びとスピン性能のバランスが良い「VCORE100」がおすすめです。


  • YONEXラケットでスピンのかけやすいおすすめモデルは?

スピンの掛けやすさを追求して開発された「VCORE100」がおすすめです。ハードヒッターの方は「VCORE98」をどうぞ。


  • YONEXラケットでハードヒッターにおすすめのモデルは?

YONEXラケットのフラグシップモデル「VCORE PRO 97」がおすすめです。「VCORE PRO 100」もラインナップされているので、97だと厳しいという方はこちらをどうぞ。


  • YONEXラケットで初心者におすすめのモデルは?

ラケットアシストがあって飛びが良い、「VCORE100」「EZONE100」がおすすめです。パワーに自信がなければ、280g程度の軽量モデルを選ぶと良いでしょう。

テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー