【HEAD】グラフィンタッチ エクストリームMP インプレ〜2017年新型モデル

                           

練習用のボールを調達するためにスポーツショップに寄ったところ、ふと目に止まった最新型のHEAD エクストリーム。
エクストリームといえば、HEADの中ではスピンに特化した独特な丸い形状をしたフレームが特徴で、非常にスピンがかかるラケットです。

新しいラケットを見ると打ってみたくなる病が発病し、試打ラケットをレンタルしました。(肝心のボールを買い忘れそうになったのは内緒です)

先日の練習で早速使用したので、感想をレポートしたいと思います。

デザイン

extreme

 

extreme

 

extreme

 

まず最初に感じたのは、フレーム形状の変化です。

エクストリーム独特の丸みがなくなり、縦長なフレームになっています。これで今までのような強烈スピンはかかるのか、気になります。

色合いは前作よりブラックが占める割合が多く、派手さは抑えられているように思います。
個人的には新作の方が好みです。

スペック

スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 23-26-21mm 16×19 325mm

 

前作に比べて、フレーム厚に変化が。
前作は24-26-23mmだったので、新型は少し薄めになっています。
そして、バランスポイントが若干上に上がっています。薄くなったフレームをカバーする為なのかな・・・?

ファーストインプレッション

ショートラリーやボレーボレーで感じたのは、弾きで飛ばすのではなく、一度グッと掴んでから飛ぶという感覚です。「しなり」というのでしょうか、打球感がしっかりしています。

黄金スペックラケットなので、癖がなく、初めての使用でもすぐ馴染めました。

ストローク

縦長フレームへと変化はしましたが、ストリングへの引っ掛かりが良く、スピンは十分にかかります。

extreme

 

 

一般的なラケットは中心部の目が細かくなっているものが多い中、newエクストリームは中心部も目が粗くなっています。(実物を見れば感じると思います)

引っ掛かりが良く感じたのはこの粗さが要因でしょうか。

ただ、ショートクロスや浅いスピンの難易度が上がってしまったように感じます。

前作までの丸型の方が「ジョリん」と擦れたので、浅く落としたいボールコントロールが自由自在(気持ちだけ)でしたが、新型は落ちきらないように感じました。

ボレー

反発力が抑えられていて、一度咥え込む感覚があるので、非常にコントロールしやすく打ちやすいです。

個人的にはアングルボレーやドロップボレーよりも、決めのハイボレーや突き球に対するブロックボレーで安心感をもって気持ち良く打つことができました。

サービス

私個人的にはスライスサーブのキレが気に入りました。

引っ掛かりが良く反発力が抑えられている為、変化のある(曲がる)サービスがコントロールしやすかったです。

ただ、スピンに関しては今使っているVCORE SVの方が跳ねるように感じました。

反発力の違いなのでしょうか、引っ掛かり感はあまり違わないのですが、VCOREの方がより弾道の高い山なりで弾むサーブが打てます。まあ、ストリングやテンションの違いもあるのでしょうが・・・

威力よりもコントロール性に長けていると思います。

試打動画

 

 

エクストリーム ラケットフィーリングインタビュー

エクストリームを使用しているテニス仲間にラケットの感想をインタビューしました。どのような感想を持っているのでしょうか!?

 

まとめ

個人の正直な感想を述べますと、新型エクストリームは今までのエクストリームとはかなり方向性が変わっています。

HEADだとインスティンクトの引っ掛かりが良い版、他メーカーだとWilsonのウルトラに似ています。(注:個人的感覚です!)

これまでのエクストリームがぴったりハマっている方は一度試してから購入することをお勧め致します。

逆に今までのエクストリームは丸すぎるしちょっとな・・・と感じていた方は大きく変わっているので試してみる価値はあると思いますよ。

価格の確認はこちらからどうぞ

前作のインプレはこちら

 

管理人評価
評価日
評価対象
グラフィンタッチ エクストリームMP
評価
31star1star1stargraygray
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら