【Prince】ファントムF1 インプレ・レビュー (2022年新モデル)

ファントムシリーズに新たに加わった、「フラット系ショット」にフォーカスしたファントムF1。

フラット系のスピードボールを打つために必要な、ヘッドスピードを上げるための技術が搭載されているラケットです。

もともとファントムはプリンスの旗艦モデルで、振りぬきはめちゃ良いのにそれを超えるのか⁉︎気になりますよね!

今回新モデルを打つ機会を得ることができたので、基礎練1.5h、ポイント練習0.5hとがっつり試して参りました!

中年おっさん目線での使い心地をインプレしていきます。


ファントムF1のデザイン

Prince ファントムF1 インプレ・レビュー
Prince ファントムF1 インプレ・レビュー
Prince ファントムF1 インプレ・レビュー
Prince ファントムF1 インプレ・レビュー
Prince ファントムF1 インプレ・レビュー
Prince ファントムF1 インプレ・レビュー

「ネイビー」「ホワイト」基調で、ロゴが「グリーン」になっています。

実物を見るとこのグリーンがプリンスらしくてカッコいいです!

色の配分が特徴的なので、すぐにファントムF1だとわかります。

黒のグリップテープを巻くとさらに精悍な印象になりそうです。

ファントムF1の特徴

  • ディンプルフレーム
  • 18×18というストリングパターン

この2点が大きな特徴です。

Prince ファントムF1 インプレ・レビュー

ディンプルフレーム

こちらの画像からフレームに凸凹があるのがわかると思います。

これがディンプルフレームで、直線的なスイングをした時の空気抵抗を減らしてくれる効果があります。

Prince ファントムF1 インプレ・レビュー

ストリングパターン:18×18

通常のラケットよりも若干目が細かくなっています。

競技モデルに良くある18×20ではないところもポイントかなと。

直線的な弾道とパワーを両立させるためのストリングパターンだと思います。

近年のプリンスラケットに搭載されている、「ATS」「CTS」も搭載されています。

ファントムF1のテクノロジー詳細、プリンスラケットのテクノロジー詳細については、以下の記事を参照下さい。

ファントムF1のスペック

ファントムF1 スペック
重量フェイス面積長さフレーム厚ストリングパターンバランス
305g98平方inc27inc21-24.5mm18×18320mm

305g、98sqincということろは、今メインで使っている「Dunlop SX300tour」と同じ数値です。

コンセプトが真逆なラケットで使い心地はどう違うのでしょうか⁉︎

ファーストインプレッション

スペック的には305gですが、けっこうずっしり重みを感じます。

管理人

SX300ツアーよりも若干トップヘビーだからだと思います。

ウォーミングアップの時からオフセンターでのアシストの少なさを感じました。

しっかり真ん中付近で捉えないとボテボテしてしまいます。

ストローク

軽く当ててごまかしてくれるラケットではありません。

苦しい体勢でもスイングしていかないとダメです。

このラケットの良さを引き出すのは間違いなくフラット系ショット。

ボールの真後ろから厚くレベルスイングで押し出すような打ち方をすると、グニャっとボールがつぶれてそこから鋭いボールが飛び出していきます。

弾道は上がりにくく、ラケット反発力も控えめなので、暴発を怖がる必要がないんです。

これは18×18という密なストリングパターンの恩恵だと思います。

なので、スピン性は高くない印象、、、

スイングのベクトルが上へ向いてしまうと、反発が弱いので推進力のない擦れボールになってしまいました。

やはり「前」へスイングしていき、ナチュラルにかかる回転で落とすのが向いているラケットです。

ボレー

正直言います。

ぼくのフィジカルでは、

  • ラケットが重く感じる
  • 真ん中を外すと飛ばない

という感じで、特にショートバウンドの処理に難しさを感じました。

次に操作性。

ウォーミングアップでボレーボレーを行いましたが、それだけで腕が疲れました。。

なかなかに厳しさを感じました。

ボレーも「中心付近」で「厚く」とらえれば、スピード感のあるボールが飛ばせます。

速いボールや変化の大きいボールに対しても面をちゃんと作れて、ミート率が高いプレーヤーであれば、このスピード感は武器になると思います。

サービス

重量感が生かせて勢いのあるサーブになります。

CTS構造ラケットのサービスの良さはもう間違いありません。

スライス系はスピードと変化が両立できて「キレ」のあるサーブを打つことができました。

スピン系はイメージより跳ねさせることができず、相手を崩すサーブとはなりませんでした。

やはりサービスでもフラット系に合うラケットです。

このスピード感を生かしボディーへ集めてみたところ甘い返球が多くなり、そこから厚めにとらえたスライスで前へ出て最後はボレーでポイントという展開が冴えました。

他メーカーの競合ラケットは?

▶️しっかり振らないと始まらない
▶️硬めの打球感

という観点で、FX500ツアーがちかい打球感だと思います。

違いは操作性で、トップヘビーなファントムF1の方がぼくには重さに感じられ、ストローク・ボレーハードルが高く感じました。

でもその恩恵でサーブの威力が出しやすいというメリットもあるんですが。。

dunlop fx500 tour インプレ

【DUNLOP】FX500 TOUR インプレッション

ラケット評価チャート

Prince ファントムF1 インプレ・レビュー

まとめ

以上、新作ファントムF1のインプレでした。

実際に打った感じ、「スピードボールが打てるラケット」ではなく、「スピードボールを打った時(フラット系のハードヒット)の安定感が高いラケット」という印象でした。

若者やフィジカルに自信のあるおっさんストローカー向けと感じました。

フルスイングしても入ってくれるラケットをお探しの方にオススメです。

興味があったら試してみて下さい。

最安値の確認はこちら

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
5 based on 1 votes
ブランド
Prince
製品名称
ファントムF1
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表(現行モデル70本以上)を作成しました。
今のラケットよりもうちょい飛びが欲しいな、でも打球感はあまり変えたくないな・・。どんなラケットが良いんだろう?
興味のあるラケットがあるけど、他に似た打感のラケットはどんなのがあるんだろう?
というような疑問に応えられる図になってます。

ラケットに迷ったら見てみて下さい。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。
テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

耳より情報
Amazonでテニスギアを買うなら「Amazonチャージ」を使って効率良くポイントを貯めましょう。

お買い物に使う資金をチャージするだけでポイントが貯まるなんて超お得ですよね。

欲しいアイテムがお手頃価格で買えるかもしれませんよ!

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー