【YONEX 】EZONE DR98 インプレ

十数年ぶりにYONEXラケットを打ってみました。

昨年末に発売された、「EZONE DR 98」です。

現在の男子プロツアーではオーストラリアのキリオスが使用しています。

Embed from Getty Images

 

実際に使って感じた詳細な感想をまとめてみたいと思います。


テクノロジー

素材にナノメトリックDRを使用し、粘り強さと反発性能を高次元で両立とのことです。

Yonexのサイトからの引用です。

なるほど、反発力(ラケットのパワー)はありつつコントロール(粘り)しやすいとな・・・

これは楽しみです。

スペック

スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
310g 98平方inc 27inc 19mm-24mm-23mm 16×19 310mm

トップライトのツアー系スペックです。

ファーストインプレッション

まずは振りぬきが良いです。

そしてピュアドライブより打ち応えがあります。

粘り部分なのでしょうか。

弾くのではなく、しっかりとラケットで捕まえる感触があります。

捕まえる感触のあるラケットって、芯をを上手く捕らえられないと全然飛ばないというイメージですが、これは違います。

流石にピュアドライブほど飛びませんが、芯を外しても結構飛んでくれます。

あとは、打感がソフティー

芯を外しても激しい衝撃はありません。

かなり好感触です。

ストローク

ピュアドライブより飛びが抑えられていて、回転で抑え込まなくてもコートに収まってくれました。

回転を意識しなくても入るので、弾道を安定させることができ全体的に安定しました。

ちゃんとボールを捕まえてから飛ばす感触を味わえます。

YONEX独特のISOMETRIC形状のおかげか、ピュアドライブの売りであるスイートスポットの広さも引けをとらないと思います。

ボレー

ボールに負けません。

ボールを捕まえてくれるので、安心して全体重をぶつけられました。

ピュアドライブだとアウトかも!?というラケットの入れ方でも、ちゃんと入ります。

突き球に対する返球がとても良好でした。

サービス

振りぬきの良さが活きます。

こちらも無理な回転を意識せずともコートに収まるように感じたので、確率が良かったです。

ただ、入ったときのパワーはピュアドラの方が上でしょう。

先の全豪で活躍した大坂なおみ選手(EZONE DR使用プロ)は195k出してますから、私も頑張らないといけませんね。

EZONE ラケットフィーリングインタビュー

EZONEシリーズを使用しているテニス仲間にラケットの感想をインタビューしました。どのようなフィーリングなのでしょうか!?

まとめ

先日打ったSRIXONのREVO CX3.0REVO CX3.0tourの間位でしょうか。

結構つぼなラケットでした。

オールラウンドに活躍できるラケットと言えると思います。

REVOシリーズ試打記事

REVO V3.0

【SRIXON】REVO V3.0 インプレ〜ピュアドライブとの比較

2016-01-26

【SRIXON】REVO V3.0 TOUR インプレ

2016-01-27

(追記)2017年モデルのインプレはこちら

【YONEX】2017 EZONE 100 インプレッション

2017-09-03

最安値の確認はこちらからどうぞ

良いラケットがいろいろあって、困ってしまいます・・・
最後に、私が良く参照するラフィノさんの試打動画です。

試打動画

ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

人気カテゴリー