【Wilson】スピンエフェクトモデルを徹底比較〜BLADE vs BURN

強烈なスピンを実現するため、ストリングの本数が

縦糸>横糸(18×16)

と、これまでの常識にとらわれないスペックの特許をもっているWilson。

このスペックは「Sラケ」と呼ばれています。

人気モデルの「BLADE」と「バーン」にもSラケがラインナップされていて、使う側からするとどっちにしようか迷ってしまいますよね。

私も迷います。

なので、実際に両方打ってみました!

結果私なりにそれぞれのラケットの特性を感じることができたので、その「違い」をレポートしてみたいと思います。

Sラケ選びで迷っている方は是非読んでみて下さい。


スペック

  • バーン100S CV
スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 23-25-23mm 18×16 320mm
  • BLADE98S CV
スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
294g 98平方inc 27inc 21mm 18×16 330mm

バーンは典型的な黄金スペックですが、BLADEはかなりトップヘビーなスペックになっています。

フレーム形状

SPIN EFFECT
SPIN EFFECT
SPIN EFFECT

比較対象として、VCORE PRO97も混ぜてみます。

Sラケならではのストリングの粗さがわかるかと思います。

BLADEはノーマルブレードと同じ金型(モールド)なのに対し、バーンは100S専用の金型になっています。

バーンはかなり丸っこい(通常より横長)ですね。

打球感

まずは打球感から。

16×18というストリングパターンの影響か、両ラケットともストリングが撓む感じがあり柔らかく感じました。

芯で捉えたときの柔らかさは同等でしたが、芯を外すとBLADEは結構硬さを感じます。

バーンの方が芯を外してもマイルドで衝撃が少ないです。

操作性

ラケット重量はBLADEの方が軽いですが、バランスがかなりトップに寄っているので、持って重さを感じるのはBLADEでした。

難しさを感じたのが、ボレーボレーのように早いテンポでラケットを操作しなければならない時。

時間に余裕があるストロークやサービスでは、この「トップヘビー」さがボールの勢いを生んでくれるので、どっちをとるか選択が難しいですね。

バーンは黄金スペックど真ん中!のスペックなので、ストローク・ボレー・サービス・スマッシュどれをとっても満足なレベルの操作性です。

ストローク

どちらもめちゃめちゃ回転がかかり、攻撃的なボールを打つことができます。

私の勝手な評価では、

  • BLADE:常に先手をとって攻撃するタイプ
  • バーン:守備も混ぜながら状況に合わせて攻撃をしかけるタイプ

にあっているのではと。

BLADEは、ビッグサービスを持っていて、サーブからの3球目攻撃で仕留めるようなプレーをする方(目指している方)にはすかれるんじゃなかと思いますね。

ただトップヘビーさから差し込まれた時の処理が難しく、その辺はバーンの方が楽でした。

スイートスポットはバーンの方がかなり広く感じられ、打ち損じが少くなったような気がします。

ボレー

どちらもアンダースピンをかけた滑るボレーが打ちやすいです。

ブロックボレーのように厚く捉えるショットでは、BLADEの方が暴発(ちょっと飛びすぎちゃう)してしまう感じでした。

バーンの方がコントロールしやすかったですね。(私は)

ダブルスでボレーボレーの展開になることが多いというような方は、BLADEのトップの重さが気になるかもしれません。

サービス

ラケッドヘッドの重さもあり、スピードと爽快感のみに焦点を当てると、BLADEに軍配があがります。

ストロークでも書きましたがバーンの方がスイートスポットが広く感じるので、安定感という点ではバーンが上でした。

回転のかかりはどちらも良いのでこれは互角ですね。

両方のラケットを打ってみて、Sラケはバウンド後に伸びるサービスが打ちやすいと感じました。

まとめ

以上、WilsonのSラケ、BLADE98S CVとバーン100S CVの比較でした。

  • 攻撃型のBLADE
  • オールラウンドなバーン

であると思います。

本記事がSラケ選びで迷っている方のヒントになれば幸いです。

最安値の確認はこちら

ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

人気カテゴリー