【HEAD】グラフィン360 ラジカル情報〜2019最新モデル

初代から26年目を迎えるHEAD伝統のラケット「ラジカルシリーズ」がグラフィン360を搭載しフルモデルチェンジしました。

これまでに、

  • スピード
  • エクストリーム
  • インスティンクト

がグラフィン360化されていて、ラジカルが続いた形になります。

グラフィン360インスティンクト
グラフィン360エクストリームMP
グラフィン360スピード

新ラジカルがどのような変化を遂げたのか、発表されている情報をまとめてみたいと思います。


前作からの変化

主要な変更は次の2点です。

  • グラフィン360化
グラフィン360ラジカル

これまでシャフト部分にのみ搭載されていた「グラフィン」をフレームの12時・3時・9時の位置にも搭載されるようになりました。(画像の白楕円部分)

まぁ他の360シリーズと同様の変化です。

他の機種は360化されることで「面の安定性」が向上し、面ブレしないコントロール性の高い、打球感がクリアなラケットに進化しました。

もともと打球感が良いラジカルがグラフィン360化されることでさらにクリアな打球感になることが予想されます。

  • グリップ形状が扁平から丸型へ!

これは結構衝撃の変化です。

「扁平グリップが好きだ!!」というラジカルファンは絶対にいるはずなので、その層に受け入れられるかがちょっと心配です。

丸型に変更した理由は、「若者やトッププロに丸型が好きな人が多いから」みたいです。

意外に単純な理由・・

逆に言えば扁平グリップがちょっと苦手という層の流入は期待できますね。

私も丸グリップ派なので、この変化は非常に興味があります。

スペック

新ラジカルシリーズは、

  • ラジカルプロ
  • ラジカルMP
  • ラジカルMPライト
  • ラジカルS

の4種が発表されました。

それぞれのスペックは以下の通り。

G360ラジカルプロ スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
310g 98平方inc 27inc 20-23-21mm 16×19 315mm

 

G360ラジカルMP スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
295g 98平方inc 27inc 20-23-21mm 16×19 320mm

 

G360ラジカルMPライト スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
270g 98平方inc 27inc 20-23-21mm 16×19 330mm

 

G360ラジカルS スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
280g 102平方inc 27inc 22-25-23mm 16×19 320mm

スペックは前作と同様となっています。

まとめ

スペックの変更はなく、グラフィンの配合位置とグリップ位置が変わった新型ラジカル。

やっぱりMPがバランス良さそうですね。

PROも打ちごたえがあって気持ち良さそう。

打つことができたら改めて感想を記事にします。

追記

新型ラジカル、打つことができました!

詳細な感想・評価はこちらにまとめました。

是非ご覧下さい。

グラフィン360ラジカル

【HEAD】グラフィン360 ラジカル インプレッション (MP)

2019-04-27
ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

年末特集
2019年のご褒美に、2020年モチベーションアップへの起爆剤に新作ラケットはいかがですか?

今年発売されたラケット18本の特徴・評価・インプレをまとめました。

ラケット選びのヒントに使って下さい。

【2019年発売】新作ラケット特集【インプレ・評価つき】

2019-11-13

人気カテゴリー