【ラケオタが熱く語る】テニスラケットの選び方と各メーカーの特性

                           


テニスはラケットを使用するスポーツなので、部活や趣味でも真剣にやるのであれば、ラケット選びは試合の勝敗を左右すると言っても過言では無い位重要です。

一般的にテニス専門店や大型スポーツショップ(最近はネットショップもありますね)でラケットを購入すると思いますが、種類がたくさんありすぎて、どれを選べば良いのか、どういうスペックのラケットが自分にあっているのかが良く分からない!と思っている人がいらっしゃると思います。

そんな方へ自分に合ったラケットの選び方や各メーカーの特徴について纏めてみたいと思います。

ラケットの選び方

各メーカー共通で、大きく分けて3種類あります。

1.ツアースペック

310グラム以上の重量で、バランスポイントが305mm〜315mm程度のモデルです。

特徴として、ラケットを持った時はズッシリくるのですがバランスポイントがグリップよりとなっている為、スイングが非常にしやすい(振り抜きが良い)という点と、操作性が良いというメリットがあります。

またラケットに重みがある為、軽いラケットに比べ遠心力が働くのでフレームにボールを飛ばす力が弱い(飛ばない)ラケットが多いです。

なので、しっかりスイングしつつ、しっかりコントロールをしたいという人に適しています。

自分の力でボールを飛ばせる人に向いているスペックになります。

これまでにスポーツ経験があり、フィジカルを鍛えてきたような男性は初心者でも十分使いこなせると思います。ショップに記載してある、初心者向け、中級者向け、上級者向けの表記のみを信じないように注意して下さい。

ストロークでハードヒットをして相手を追い詰めていくようなプレースタイルに向いていると世間一般では言われていますが、「このスペックならどんなに思いっきり振ってもアウトしないから好き」と言って、遅いボールを永遠に返球してくる非力な人もいます。(とても強い人です)

イメージに捉われないことも大事です。

2.黄金スペック

約300gの重量で、バランスポイントが約320mmのモデルです。

ここ数年どのメーカーも渾身の作品を発表してきています。
適度な重さ、適度な操作性、適度な飛び、本当に使い易いです。

テニス初心者が最初の1本に選んで間違いのないスペックです。

シングルス、ダブルス、ストローク、ネットプレー、全てに対応でき、初心者、上級者関係なく使いこなせます。

私も今はこのスペックを使用しています。若い頃はツアースペックだったのですが、走らされた時にもう少しラケットに助けて欲しくて飛ぶラケットに変えました。

3.デカラケ・厚ラケ・スペック

面が大きく、フレームが厚い、重量が軽いラケットです。

ボールを飛ばすことに特化したスペックでとにかく楽にボールが飛びます。

昔インストラクターのアルバイトをしていた時、球出しやボレーで使用していました。楽だから。

回転もよくかかるので、スライスの弾道やスピンの弾道をデモンストレーションする時にも助けられました。

私程度の筋力でも普通に打つと飛びすぎるので試合での使用経験はありません。

何を目安にすれば良い?

各スペックの特徴を紹介しましたが、それぞれのスペックの中にも複数の機種があり、また迷ってしまいがちです。

1つの目安になるよう、今までに沢山のラケットを打ってきた私の経験から現行ラケットの比較チャートをこちらに投稿しています。

飛び具合や打球感(フィーリング)について評価していますので、参考にして下さい。

ラケット選びの基準について

私なりのラケット選びの基準をまとめてみました。目指すプレーによっても基準は変わると思うので、皆さんの目指すプレーを想像しながら読んでみてください。

各メーカーの特徴

*最終更新:2018-11-26 WILSON ウルトラツアー95CV インプレリンクを追加

私が今まで使用経験のあるメーカーについて特徴をまとめてみます。

BABOLAT

 

 

試合会場で使用率が最も高いと思われるメーカーです。

ウーファーシステムを採用し、ボールを良く飛ばしてくれます。操作性も良く使用率が高いのも納得できます。中にはウーファーの影響でボールの感触が鈍ってしまい苦手だという意見もあります。

ナダルをはじめ多数のプロも使用しています。

BABOLAT主要モデルのインプレッション

SRIXON

 

このメーカーの特徴はフレームの柔らかさです!

ラケットにボールが乗る感触が味わえボレーが打ち易い。もちろんストロークもしっかりラケットに乗る感触があり安心して振れます。

昔のDUNLOP RIMシリーズの後継といえると思います。

鈴木貴男選手や土居美咲選手等日本のトッププロもよく使用しています。

SRIXON主要モデルのインプレッション

DUNLOP

SRIXONラケットがDUNLOPラケットに戻ります。

SRIXONで培った「ソニックコア」を継承し『DUNLOP Powered by SRIXON』として新たな出発。

SRIXON REVO CXシリーズはDUNLOP CXとして生まれ変わりました。

これまでSRIXONを使用していたプロ選手もDUNLOPに変更となる模様です。

DUNLOP主要モデルのインプレッション

YONEX

 

一番の特徴はISOMETRIC形状と呼ばれる長方形に近いフレーム型です。この形状の恩恵でスイートスポットが他のメーカーより広いのだそうです。

最近のモデルを何機種か試打して、振動吸収力の秀逸さに驚いています。
独特な形状で好き嫌いが分かれますかね。

ワウリンカやキリオスが使用していますね。

昔は男子トッププロでYONEXを使っているイメージ(ブルゲラ・ヒューイット位かな・・・)はなかったのですが(女子はたくさん使用していました)、今では多数の男子選手にも使用されています。

YONEX主要モデルのインプレッション

PRINCE

 

PRINCEといえばグラファイトですね。我々世代は。
昔はたくさんの人が使っていました。今でも他ではこの感覚は味わえん!ということで使用し続けている人がいる位です。

最近はフレームに大きな穴が空いたラケットが特徴でしょうか。(空いていないモデルもありますし、グロメットを選べるモデルもあります)

穴を開けることでストリングの稼働域を増えスイートスポットが拡大するそうです。この副作用で打球感がボヤけるという意見もあります。

PRINCE主要モデルのインプレはこちら

BRIDGESTONE

 

昔はPROBEAMが一世風靡しました。今はX-BALDEシリーズがあついですね。
フレーム形状が逆卵型でど真ん中よりも上気味な打点で捉えることができると気持ち良く飛んでいきます。

ラケットデザインも個人的に好きです。
販売機種が少ないですが、とても良いラケットだと思います。

 

Wilson

 

エドバーグ、サンプラス、フェデラー、錦織圭、グラフ、エナン・・・
と本当の世界トップに好まれている印象があります。

特に男子トップでのプロスタッフ支持率はかなり高いものがあると思います。
おそらくコントロール性の高さが評価されて支持されているのでしょう。私レベルでは使いこなすのが厳しいモデルです・・・(ラケットアシストが少ない)

また、常識にとらわれないチャレンジングなモデルを作っているイメージもあります。
超トップヘビーのハンマー系ラケットを始め、最近では『SPIN EFFECT』と称しストリングパターンを16×15という設定(目が粗いためひっかっかりが良くなりスピンが増す)にしたりとびっくりするようなモデルが多いのが特徴の一つです。

プレーヤーの悩みを解決してくれるラケットに巡り会えるかもしれません。

Wilson主要モデルのインプレはこちら

ULTRAシリーズは現在同デザインでスペックの全く違うラケットがあるので、あえて「ULTRA」と「ウルトラ」を分けて記載しています。

錦織選手使用モデルは「ウルトラ」の方です。

HEAD

 

ジョコビッチ、マレー、ガスケが使用し、世界のトッププロ使用率が非常に高いメーカーです。

代表作のラジカルやプレステージはグリップが扁平な形状で独特な作りになっています。

スピードシリーズやエクストリームシリーズは他メーカーと大差ない形状なので、拘りの部分なのでしょうね。

ハードヒットでガンガン攻めたい人は、プレステージやラジカルを、スピンをグリグリにかけていきたい人はエクストリームを、オールラウンドにいきたい人はスピードやインスティンクトと、目指すプレーに合致したモデルが見つかりやすいと思います。

HEAD主要モデルのインプレはこちら

テニスラケットフィーリングインタビュー

より多くの人の感想が掲載されてた方がラケット選びの参考になるかも!?と考え、私の周りにいるテニスプレイヤーが使用しているラケットの感想をインタビューしてみました。特集ページはこちらです。

 

まとめ

いろいろ書きましたが、自分の相棒になる道具ですので、見た目、触り心地、打ち心地等自分の感性で選んで下さい。愛着がもてて信頼できないと楽しくないですからね。

これからのラケット選びの(ほんのちょっと)参考にしていただければ嬉しいです。

初心者でも扱い易いおすすめラケットはこちら

管理人

自称ラケオタの私がテニスレベル問わず扱い易いおすすめラケットをまとめました。

【ラケオタ推奨】2018年最新のおすすめテニスラケット5選

2018.03.15

関連記事はこちら